Read Article

看護師の再就職にハローワークは使えるのか

看護師の再就職にハローワークは使えるのか

結論から言ってしまうと、看護師の募集では公共機関のハローワークよりもネットに広がる「看護師用の転職紹介サイト」があり、その人に合う条件などが検索でき、実用的です。

ハローワークは、条件指定が難しい。

看護師の募集はハローワークにもありますが、条件の指定が難しく一般的に就職が難航します。

公共のハローワークに依頼する看護師募集は、どうしても、夜勤があるとか、長い時間の仕事とか、条件がキツイところが多い傾向があります。

あるサイトの裏情報としてこんな話があります。

実は、ハローワークの求人情報の約9割は売れ残りです

ハローワークやナースバンクで公開されている求人情報は給与も待遇もイマイチなんですよね。
条件が良ければ誰だって応募しますから、人気がないから残っているってことになりますよね・・・。

看護師の仕事は多様化している

一口に看護師の仕事と言っても、病院ならばどこも同じというわけではありません。

例えば、内科と外科では取り扱う医薬品・治療方法が全く違うのでスキルを活かすならば、自分の条件にあう病院を探すことが必要になります。

仕事を探す看護師にとっては、最近では働く職場の選択肢が増えて、総合病院・個人病院・介護施設・訪問介護・企業内診療所・保育園・幼稚園など多岐に分かれているので、自分にあったところを探すことが一番です。

幼稚園・保育園

幼稚園・保育園でも最近は看護師を置いて園児の急病の対応に当たっているところが増えているのです。

少子化の影響で他より少し違うということで宣伝にもなっています。

子供が苦手だという人には、ちょっと無理でしょう。

介護施設・老人施設

介護施設でも点滴などの医療行為が多いので必ず看護師が常駐しているところも増えています。

日常的には、看護の仕事よりも、居住者あるいは入居者の健康管理が主な業務になります。
急患は少ないので、勤務時間が安定しているのもメリットの一つです。

提携病院から派遣されることも多いのです。

訪問看護

訪問看護師は自宅介護の家族にとっては頼みの綱なのです。

また、最近では、病院の白い壁を見ながら最後を迎えるのは嫌だからと、自宅で看取られたいと希望する高齢者が増えており、訪問診療の支援の役割も求められています。

ネットを活用

ネットでは、「看護師紹介サイト」などでは地域・病院など自分の条件で検索できます。

自分の生活スタイルにあった働き先が見つけられるはずです。

また医療機関については口コミも多く、あそこは給料が悪いとか、夜勤が多いとか、看護師が多いとかの情報もほかの職種に比べて情報網がしっかりしています。

なので仕事だけでなく、同業者の評判も載っているサイトのサイト情報が人気になるようです。

ハローワークで仕事を探すだけでないのが看護師の世界です。

結論として

看護師の再就職手段として、ハローワークも選択肢の一つとして活用しましょう。

しかし、現在は看護師は売り手市場なので、求職活動を公共のハローワークだけに限定せずに、ネット上の『看護師紹介サイト』を活用して、より条件の良い所を探すと良いでしょう。

できるだけ自分の条件にあうところが見つかるよう、たくさんのサイトを見て働きやすいところ見つけましょう。

Return Top