Read Article

看護師の再就職における履歴書のポイントとは

看護師の再就職における履歴書のポイントとは

結婚と出産のために一旦仕事を辞めた看護師が、再就職のために履歴書を書くときのアドバイスです。

すでに看護師として勤務経験があるあなたですから、新卒の新人のように、名前の書き方とか住所をどうするなんて初歩的なことは分かっていますよね。

再就職を希望する看護師が、久しぶりに履歴書を書くときに役立つ、ポイントを幾つか紹介します。

ポイント1:用紙はどうする

ハローワーク、転職紹介サイト、転職先の病院など仲介してくれる人や機関が指定する用紙があればそれを使います。

JIS規格の指定があれば、この用紙(JIS履歴書pdf)をプリントして使ってください。

特に指定されたものがない場合には、A4サイズの用紙を使いましょう。
現在では病院のカルテや事務用品は、A4サイズが主流になっています。

B5(B4サイズの二つ折り)を持ち込むと、
「こいつ慣れてないな」
と思われますよ。

JIS規格の履歴書用紙は、100円ショップのダイソーなどでも売っています。

市販の用紙があればそれで結構ですが、なければ、下の画像をクリックしてpdfファイルをプリントしてください。

JIS規格よりも、現在のあなたの状況を書く欄を少し大きくした再就職者や転職者に向いた仕様になっています。

履歴書

ポイント2:手書きかパソコンか

ここは、意見が別れるところです。
ひと昔前は、
「パソコン、ワープロが使えます」
の証拠物件として、履歴書をプリント仕上げすることを推奨している人がいました。

しかし、現在ではパソコンをワープロ的に使えることは看護師として当然のスキルですから、ことさらに強調する必要はありません。
パソコンに触われないようでは、電子カルテの記入や最新の医療機器の操作も出来ませんからね。

逆にプリントしたものを提出されると
「この人は、履歴書を印刷するほど多くの面接を受けているのか?」
なんて邪推されることもあるかもしれません。

そんな理由で、私は手書きをおすすめします。
字の上手下手は仕方ありませんが、楷書体で丁寧に書きましょう。

履歴書そのものは手書きをおすすめしますが、添付資料となる職務経歴書はパソコンで良いでしょう。

ポイント3:失敗したら書き直す

当然、鉛筆や消せるボールペンは禁止です。
黒インクの筆記用具(ボールペン、サインペン、万年筆など)で記入します。

うっかり間違えたら、潔く新しい用紙に書き直しましょう。
二重線で消したり、修正液や修正テープを使うと、うちの病院(施設)を軽く見ているのかと苛立たせる原因になるかもしれません。

考え過ぎかもしれませんが、これからの人生を決める大きな要素ですから、たとえ1時間かかったとしても書き直すべきです。

ポイント4:ハンコを最初に押す

印鑑を求めていない場合は問題ありませんが、押印が必要な書式の場合は、白紙の段階で押してしまいましょう。
何を言っているのかと思うかもしれませんが、「失敗したら書き直しましょう」の最終段階でのミスを事前に防ぐのです。

全部を書き終えてから、こんなことがあったら、最初から書き直しです。

  • ハンコがずれた
  • 間違えて旧姓のハンコを押した
  • 上下逆さまに押した

こんなミスが生じないように、ハンコを最初に押してしまうのです。

ただし、印影がよく乾いてから書いてくださいね。
印影をこすってしまったら、何のためにやっているか分からなくなってしまいますから。

ポイント5:日付はいつにするか

日付をいつにするかは、悩むところですね。
日付の指定がなければ、西暦ではなく、平成□□年のように年号で書くのが常識です。

日付の月日は、一般には次のような優先順位になっています。
もし、提出先や用途を決めずに予備的に書いておく場合は、日付は空白にしておきます。

  1. 指定された日
    再就職先から指定された日付があれば、当然その日付を書かなければなりません。
  2. 面接試験持参日
    面接試験当日に持参するように指定されていれば、面接日の日付にします。
  3. 紹介機関への提出日
    ハローワークや転職サイトなどへ出向いて提出する場合は、その提出日にします。
  4. 投函日(郵送の場合)
    提出先が再就職の病院であれ、転職サイトであれ、郵送の場合は、投函日にするのが普通です。
  5. 記入しているその日
    上記のいずれにも当てはまらない場合は、記入している当日の日付にします。

 

ポイント6:志望動機は相手を調査して

面接官がもっとも注目するところの一つが『志望動機』です。

事前に、せめて就職先の病院や施設のウエブサイトをくまなく眺めて、その病院や施設の特色を把握しておきましょう。

ありきたりの次のようなものはダメです。

  •  『貴院の将来性に期待しております』
  •  『貴院の理念に深く共鳴しました』

これでは具体性がなく、空虚で、面接者の心に響くところがありません。

逆に、
 『どんな点に共鳴したのですか?』
と聞き返されたときに、答えられなくなってしまいます。

もしも、このような質問に対して、
 『健康診断項目の充実や、高齢者のための相談室設置など、地域医療を重視されている点です』
と、答えられるなら、履歴書にキチンと書くべきです。

それから、ここに書いた内容は忘れないで下さいね。
先に履歴書を提出して、後日面接試験があり、すっかり書いた内容を忘れていたら、
 『え、そんなこと、書きましたっけ?』
などと、話が支離滅裂になってしまいます。

ポイント7:自己PRでは、意欲を伝えましょう

ちょっと例文を

出産と子育てのために少し現場を離れていましたが、再び看護の技術で社会に貢献したいと思います。

出産は病気ではありませんが、入院経験をして患者さんの気持ちが少しは分かったような気がしますので、この経験を活かして、本当に患者さんのためになる看護を追求してまいります。

看護師の転職紹介サイトがおすすめです

看護師の転職紹介サイトはたくさんありますが、なかには、履歴書の書き方の相談に乗ってくれるところもあります。

履歴書の相談だけではなく、転職に関する不安全般に対してアドバイスをしてくれるので、良いサイトを探してみましょう。

Return Top